■プロフィール

山羊

Author:山羊
日経225オプション専門
NYテロの時も7600円の時もダンシング!
苦しいほど楽しくダンシング!

身体が萎縮したらやられちゃうからね

■最近の記事
■最近のコメント
■FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 宜しく御願いします。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
読書感想文(とりかえばや物語)
河合隼雄先生のとりかえばや物語を文庫で読みました。

このとりかえばや物語は作者不明で、男性が書いたのか女性が書いたのかも不明です。いつできたのかも不明と不明だらけの物語です。明治時代の国文学者がこの物語を酷評したそうで、一段低い物語に思われています。

河合先生がこの物語を題材にして、感想を述べていく本です。

まあ、心理学者にとっては当然なのでしょうけど、読んでて一番おもしろかったのは

男性の中に女性が、女性の中に男性がいるというところでしょうか。
そして、それは一人ではなく、男性の中の女性はある時は母親だったり、姉であったり、妹であったり、娘であったり等々、無数の人格がいる。それは女性も同じ。

こうなると、一組の男女がつきあう場合、その組み合わせは無数に近いです。
極端な場合、女性の中にいる父と男性の中にいる娘が話をしている場合もあるので、飽きる事がないと思いました。

確かに、自分の中に女性もいますねえ。
特に日本社会は、場の雰囲気を重視する母性社会でしょうから、欧米の方々よりも男性の中に女性がいると思います。

それと、ロマンチックラブの否定でした。
幾多の危機を乗り越え、献身的な愛を貫き、結婚によりその愛が成就するといった、ある意味典型的なハリウッド恋愛映画=ロマンチックラブは、完全な男性(女性が全くいない)、完全な女性(男性が全くいない)の2組で成り立っているので、現実的にはうまくいくわけがないとの事。

欧米の方は、宗教からロマンチックラブに救いを求めたのではないかと。
そしてそれが理想になった。しかしながら、現実的ではないので、追い求める限り結婚と離婚を繰り返すしかない。
なるほどねええ。恋愛至上主義の破綻かあと思いました。
今も映画、小説で一杯見ますねえ、恋愛至上主義。

又、とりかえばや物語に限らず、平安の方々は現在で言うところの貞操概念があまりないですが、
彼らは貞操に重きを置かず、美に重きを置いたのではないか?という言葉が心に残りました。
和歌を必ず交わすのは、そういう事かと。
昔は美を軸として生きていたのかあ。

とりかえばや物語、筋も結構面白いです。あまりに男性が美しいので男色に走ろうと思ったら、実はその男性は女性だったとか、それで妊娠してしまったとか。受けました。
これを原作にドラマ作ると結構いけるんじゃないでしょうか。
貞操概念なくて、18禁になりそうですが。

河合隼雄先生のとりかえばや物語を読んだ感想でした。




スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

読書感想文 | 17:00:29 | Trackback(0) | Comments(2)
ブラックスワンについて
以下は読書感想文です。相場とは全く関係がないです。宜しく御願いします。

約3か月前にブラックスワンを読みました。
読んでからかなり経っているので、はっきりとは覚えていませんが、山羊の印象に残った事を記載します。
くどいようですが読書感想文なので本の解説はしないです。宜しく御願いします。

まず驚いたのは、釣鐘型に落ち着くといった社会科学での統計学の否定です。
考えてみればそりゃそうだですが
正面切って言われるとそう?僕がバカで数学が出来ないから思っているだけで、本当は数学でいけるんじゃないの?といったコンプレックスを滅多打ちにするのは痛快でした。
しかしながら、これはブラックスワンが出た時だけで、普通の世界はやっぱり普通です。

そして、ブラックスワンは待っていても来ない事です。

まあ、ブラックススワン=大暴騰または大暴落ですが、一般的には大暴落でしょうねえ。

これは相場をやっていられる方には普通の事ではないでしょうか。
ブラックスワン目当てのスト買いはほとんど溶けちゃう。
ブラックスワンなんか来ないってウソブイタ裸買いで昨年はやられました。
来ましたねえ、大きなブラックスワンが。

後、印象に残った言葉は、今まで起きなかった事は将来起きないことの証明にはならない。
当たり前ですが、一番陥りやすい罠ですねえ。
今日まで大丈夫なので、明日も大丈夫。このトレンドだから。
一夜明けたら経験しない事が起こる→経験していない=未知の事→恐怖!!
パニック売でボラが大上昇!

911テロの時に味わいました。
下げ幅は昨年の方が大きかったですが、場が始まる前の恐怖感はテロの時が大きかったです。
未知は怖いので、未知がないように、既知の世界で動きがちな私。
しかしながら、現実は相場に限らず未知の事だらけ。
暫くは未知がまたやってくるかと恐怖感、まるでPTSD。
テロ後はヘッジ買いがやたら多かったです。

まあ、生活とか生きていく事は何時ブラックスワンが来るかもしれないのですが
あらかじめ用意できない=ブラックスワンなので、来たなあと冷静に対処するしかないのかなあです。
備えていれば、ブラックスワンはあなたの前に来ないのですから。

突然、奥さんに告げられる定年離婚、交通事故による突然死はブラックスワンでしょうねえ。
他にもいっぱいありますが、何れも後付けの理由なら幾らでも言える事が特徴でしょうか。

まあ、想定範囲が広がれば広がるほどブラックスワンが訪れる確率は減ると思いますが
それもねえ といったところです。

以上、ブラックスワンの読書感想文でした。
 

読書感想文 | 16:04:55 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

A href="http://n225.7heaven.jp/ranklink.cgi?id=kuroyagi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。