■プロフィール

山羊

Author:山羊
日経225オプション専門
NYテロの時も7600円の時もダンシング!
苦しいほど楽しくダンシング!

身体が萎縮したらやられちゃうからね

■最近の記事
■最近のコメント
■FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 宜しく御願いします。

■カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2月も終わりですね
今日は2月28日、もう2月も終わりです。今年は1月に5百万の利益、2月に7百万の利益と好調ですが、昨年の8月以来片肺飛行のままが心残りです。コールを売れていないですねえ。ショートに出来ないのが悩みです。

プットのボラテリティは高くコールのボラテリティは低い、その理由は株は上がりにくく下がりやすいから。聞いたときになるほどねえと思いました。

株式市場は基本的にロング市場と思っています。発行会社がショート、投資家はロングです。このロング市場には潜在的な売り圧力が膨大にあります。信用の買残にこだわる必要も無く、基本的には買の市場です。買ったものは売る、そしてそれを高値で買っていく限り株価は上がります。そして、売ったお金で新たに株を物色すると言う流れでしょう。
なので、もう誰も買えない水準になった時に一斉に売られるでしょうから、株価は下がっていく。
そしてもう売れない水準になったら買が起こり株価は上がっていく。
新たに資金が流入しない限り、循環相場になりがちだと思います。

しかしながら、売りより買が圧倒的に多いロング市場なので、上昇は利食いをこなしながらゆっくり上昇し、ショートの人はいなくても買の人が投げるわけですから下落はきつくなりがちです。

このきつい下げによる恐怖を味わいたくないのでショートがいいと思っています。1月も1回、1500円の下げ、2月も1回1300円の下げがありました。昨年は5月に1500円の下げがありました。これはいきなり来るので対応が遅れがちになります。

きつい下げ、そして下がりやすい市場で暮らしているので、ショートのほうが楽です。

又、買は勢い、売は理屈というように、理屈を考えると買は中々出来ません。戦争、病気といった理由の他に経済的な下落リスクが膨大にあります。これを考えているととてもロングには出来ないです。
しかしながら、昨年度の8月のように新規資金が入ってきた時は理屈抜きに上昇していきます。
そうですね、リスクマネーの新たな流入。若しくは新たな流出が起きた時に株価は水準訂正が起こります。
この水準訂正に対応する時間もせいぜい3日ぐらいでしょうか。
3日後には新たな水準になってしまっている。

まあ、ショートの話から取り留めの無い話になりましたが、この水準訂正が怖いです。これだけ間違えなければ、オプションの売りトレードは失敗してもデケィが助けてくれます。まさに時が解決する。

今回の上げ下げが、水準訂正なのか?循環なのか?
循環であれば逆張り。水準訂正であれば順張りです。
イメージ的には、相場に素直にトコトコついていく水準訂正。
怒涛の荒波に向かう循環相場。

未だ見極めが出来ずにコール売りが出来ない山羊です。






スポンサーサイト

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

雑感 | 16:05:30 | Trackback(0) | Comments(2)
2月28日引け後の状況
2月28日の状況(3月SQまで11日)


本日の取引
(1)4月140Pを60円で2枚売却しました。現値45円。
(2)4月130Pのヘッジ買を9円で4枚、8円で4枚買いました。
 
 昨日の利食いは唯の利食いなのか? よく分からないです。

ポジション:売りはマイナス表示です。 ()は平均単価です。

   3月限           > 4月限         計
145P 
140P   6枚          -46枚(66円)    -36 
135P  52枚          - 4枚 (67.5円)    48
130P  26枚            12枚(9円)      30
Cash                 3,194千円    3,194千円
デルタ                  2.57      2.57
証拠金                           7M
含み損益                        1,476T(千円)(+218T)  


基本戦略
4月140P売(70円以上)⇔4月130P買(10円以下):1,000円下のスプレッド
3月135P買残の利用→4月135Pの売(70円以上):カレンダースプレッド
    
留意事項
本日10時半の売却目的は何だったのでしょうか?



テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日現在のポジション | 15:33:33 | Trackback(0) | Comments(0)
2月28日 前場の状況
先物:16210 16240 15950 16060(-90) 50,630枚

物凄い仕掛け売りが出ました。16180円ぐらいの水準からあっという間に16000円を超えた下げになりました。

前場で
4月130Pを9円で4枚買いました。
4月140Pを60円で2枚売りました。70円においたまま追加売りです。

今は、
4月140Pを70円で2枚の売指値
4月130Pを8円で4枚の買指値 となっています。

後場の魔の時間はどうでしょうか?



テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 12:28:58 | Trackback(0) | Comments(0)
2月28日の方針
2月27日の方針

CME 始値16175円、高値16240円、安値16170円、清算値は16230円、大証終値比+80円 
米債4.585%(+0.012)、JPY116.16 oil 61.00 gold 557 

本日は、鉱工業生産指数が8時50分に発表です。事前予想は0.4%
実績は0.3%上昇。事前予想を下回りました。

又、2000億円程度の投信の設定があります。

寄付前外資系証券経由での注文は、本日買い越し見通し(12社経由・売り3340万株、買い4770万株、差し引き1430万株買い越し)との観測。これで買い越しは3日連続です。

昨日記載したようにヘッドアンドショルダーが気にかかるので、16500円まではプットのヘッジ買いをゆっくりやろうと思います。
1.先物のショルダー付近(16500円)で、4月185Cの打診売り。
2.先物のヘッド(16790円)を抜けてきたら、循環相場が否定されるので、すごすごと145Pを売却。
3.抜けてこれなければ185Cを売却。その後下げが加速したら140Pをメインとして145Pを少し売却。

その為にコツコツとプットのヘッジを買って貯めようと思います。
何といっても証拠金を守ることが一番!

ポジショントークですが、一旦16500円をブレーク、コール売りがやられちゃってショートカバーが入り16700円まで上昇。その後、16500円を下方にブレークして16500円プットがやられて16000円付近まで下落。
その時に支えられなければ16000円プットブレークで15800円まで下落。
といった希望が一杯入った相場観を持っています。

基本戦略
4月140P売⇔4月130P買:1,000円下のスプレッド
3月135P買残の利用→4月135Pの売:カレンダースプレッド

臨機応変戦略
4月185Cの売
    
今日の方針
1.4月140Pの売却。70円2枚からの売上がり:多分売れないかな?
2.4月130Pのヘッジ買 4枚(9円)

考慮すべき事項
 SQ前2週間なので、荒れることをを考慮?
 16500円でのコール売りのブレーク?
 16000円でのプット売りのブレーク?

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 08:51:47 | Trackback(0) | Comments(0)
2月27日引け後の状況
2月24日の状況(3月SQまで12日)

先物 16170 16300 16120 16150(+70)出来高65,189枚
出来高が少ないです。

ポジション:売りはマイナス表示です。
   3月限           > 4月限         計
145P 
140P   6枚          -44枚(66円)    -36 
135P  52枚          - 4枚 (67.5円)    48
130P  26枚 4枚(10円)      30
Cash                 3,142千円    3,142千円
デルタ                  2.88      2.88
証拠金                           7M
含み損益                        1,219M(+228)  

本日の取引
(1)4月140Pの70円売指値は出来ませんでした。現値45円。
(2)4月130Pのヘッジ買10円は4枚買えました。
 
 4月180Cの売却(70円)、4月145Pの売却(100円)も考慮しましたが、コールについては16500円のヘッドアンドショルダーの確認後に売却したい気持ちがあり、又、プットについても下げた時に売却したい気持ちがあって、手付かずです。

基本戦略
4月140P売(70円以上)⇔4月130P買(10円以下):1,000円下のスプレッド
3月135P買残の利用→4月135Pの売(70円以上):カレンダースプレッド
    
留意事項
売買単位の減少が気になります。


テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日現在のポジション | 15:33:07 | Trackback(0) | Comments(0)
2月27日(SQ-12日)の方針
2月27日の方針

CME 始値16080円、高値16170円、安値16065円、清算値は16160円、大証終値比+70円 
米債4.573%(+0.014)、JPY116.88 oil 62.91 
り付き前外資系証券経由での注文は、本日買い越し見通し(12社経由・売り3900万株、買い4740万株、差し引き840万株買い越し)との観測


基本戦略
4月140P売⇔4月130P買:1,000円下のスプレッド
3月135P買残の利用→4月135Pの売:カレンダースプレッド
    
今日の方針
1.4月140Pの売却。70円2枚からの売上がり
2.4月130Pのヘッジ買 4枚(10円)

考慮すべき事項
 SQ前2週間なので、荒れることをを考慮?
 16500円でのコール売りのブレーク?
 16000円でのプット売りのブレーク?

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 08:50:11 | Trackback(0) | Comments(0)
今週(2/27-3/3)について
今週は結構盛りだくさんです。
1.テクニカル:ヘッドアンドショルダーになるか?
 需給として戻り売りをこなせるかどうかですね。
 ショルダー位置である1月高値16490円を抜けて、ヘッド位置の16900円付近まで行ければ上抜け。抜けなければ、暫く循環相場へ移行したと思います。
 15000-17000円でしょうか?
 こうなると、水準訂正が起る種ですね。
 (1)日銀の量的緩和によるインパクト
 (2)新年度入りによる新規需給
 (3)4Q決算並びに年度決算による割安感・割高感
 (4)アメリカ再利上げによるリスクマネーの減少
 (5)アルカイダのサウジ油田精製所攻撃による地政学リスクの高まりによる需要後退
 私みたいなアウトのオプションを売る人にとって、循環相場ほど有難いものはないですねえ。
 コール売ってプット売ってです。

2.明日の28日は1月の鉱工業生産です。
3.そして、CPIの発表は3月1日。
  日銀の量的緩和排除の容認記事が今日の日経新聞に書いてありました。

さあて、今週もダンスの時間の始まりでんなあ。ワンツーにゃあにゃあ 頑張りましょう!

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

今週の投資方針 | 08:42:39 | Trackback(0) | Comments(0)
2月24日引け後の状況
2月24日の状況(3月SQまで15日)

先物 16050 16130 15940 16090(+30)出来高65,959枚
出来高が少ないです。

ポジション:売りはマイナス表示です。
   3月限           > 4月限         計
145P 
140P   6枚( 20円)       -44枚(66円)    -36 
135P  52枚(10円)       - 4枚 (67.5円)    48
130P  26枚(18円)                     26
Cash                 3,182千円    3,182千円
デルタ                  3.74      3.74
証拠金                           8M   

本日の取引
(1)3月145P74枚を10円で利食。

ヘッジ分を指し引いて約6百万円の利益。2月は過去の分と合わせて7.5百万円程度の利益。
月間10百万円の目標利益には届きませんでしたが、いい感じです。

(2)4月130Pのヘッジ買10円は出来ず。ボラが高いですねえ。

基本戦略
4月140P売(80円以上)⇔4月130P買(10円以下):1,000円下のスプレッド
3月135P買残の利用→4月135Pの売(70円以上):カレンダースプレッド
    
留意事項
売買単位の減少が気になります。
もう買えない水準?でしょうか? 週末の手控えでしょうか?
現物株の取引も少ないです。

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日現在のポジション | 14:29:14 | Trackback(0) | Comments(0)
2月24日寄前の状況
2月24日の状況(3月SQまで15日)

CME 16020 16075 15980 15995(先物比-65) 
米債4.559%(+0.032)、JPY117.12 
寄付前外資系証券経由での注文は、本日買い越し見通し(12社経由・売り4150万株、買い4360万株、差し引き210万株買い越し)に転じたとの観測。


ポジション:売りはマイナス表示です。
   3月限           > 4月限        計
145P -74枚(108円)                 -74
140P   6枚( 20円)       -44枚(66円)   -36 
135P  52枚(10円)       - 4枚 (67.5円)   48
130P  26枚(18円) 26
Cash 7,253千円           3,182千円 10,435
デルタ 2.63 3.74 6.37(-2.16)
証拠金                        15M   


基本戦略
4月140P売⇔4月130P買:1,000円下のスプレッド
3月135P買残の利用→4月135Pの売:カレンダースプレッド
    
今日の方針
1.4月140Pの売却。ヘッジは3月145Pの利食いで売り枚数を減少
 2枚(-80円)

2.4月130Pのヘッジ買
 4枚(10円)

考慮すべき事項
 週末であること。
 SQ前2週間なので、荒れることをを考慮?
 

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 09:14:18 | Trackback(0) | Comments(0)
2月23日の状況
2月23日の状況(3月SQまで17日)

先物 15910 16090 15910 16060(+310) 90,786枚
枚数の少なさが気になります。

ポジション:売りはマイナス表示です。
   3月限           > 4月限        計
145P -74枚(108円)                 -78
140P   6枚( 20円)       -44枚(66円)   -36 
135P  52枚(10円)       - 4枚 (67.5円)   48
130P  26枚(18円) 26
Cash 7,253千円           3,182千円 10,435
デルタ 2.63 3.74 6.37(-2.16)
証拠金                        15M       
今日の実績
1.4月140Pを70円で2枚売りました。80円で売却と思っていましたが、指値変更です。
ヘッジは3月145Pを15円で2枚利食って売り枚数を減らしました。

2.その後、3月145Pを2枚10円で買い決済しました。

本日の実現益383千円(含み益6,915千円)です。

明日こそは、3月145Pの売残枚数74枚を10円で利食えたらいいなあ。

3月130Pは10円で指していましたが買えませんでした。
                 
基本戦略
4月140P売⇔4月130P買:1,000円下のスプレッド
3月135Pの利用→4月135Pの売:カレンダースプレッド

本日の行動
  4月140P-2枚(80円)で売指値
  4月130P 2枚(10円)で買指値

考慮すべき事項
・循環相場に入ったのか?:15000-17000円
  この場合は、4月185Cコール売りもあわせて考慮

・下降リスク
  ・イランの核問題:経済制裁等へ移行するのか
  ・鳥インフルエンザ
  ・FRB追加利上げの示唆:米の本格的な過剰流動性の終焉
  ・日本株の需給


テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 16:10:06 | Trackback(0) | Comments(0)
2月23日前場の状況
先物:15910 16060 15910 15960(+210) 48,631枚

後場の間の時間が怖いのか、16,000円保てずの終了でした。

方針は変えずに、

4月140Pを80円で2枚の売指値
4月130Pを10円で2枚の買指値
3月145Pを10円で78枚買決済の指値 で行きます。

この頃のボラ高相場なので、上がってる時にプット売る必要ないですねえ。

基本は逆張りです。
レンジ相場に暫く移行したと思いますので、17000円を超えてきたら、コール売りたいと思います。
基本レンジは15,500円-17000円 それ以上は行き過ぎかなと思います。

4月に新年度入りした場合、買ってくるかどうかですね。
その頃には、日銀の方向性も決まっているでしょうから。

私は、「量的緩和解除=買い」だと今のところ思っています。
その根拠は、アメリカの利上げ時のNYダウの動きです。あくぬき感が出るのではないかと思います。




テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 11:30:46 | Trackback(0) | Comments(0)
2月23日朝の状況
2月24日の状況
CME 15830 16000 15830 15945

ポジション:売りはマイナス表示です。
   3月限           > 4月限        計
145P -78枚(100円)                 -78
140P   6枚( 20円)         -42枚(66円) -36 
135P  52枚(10円)         - 4枚 (67.5円) 48
130P  26枚(18円) 26
Cash 7,600千円           3,042千円 10,700
デルタ 3.98 4.55 8.53
証拠金                        21M                        
基本戦略
4月140P売⇔4月130P買:1,000円下のスプレッド
3月135Pの利用→4月135Pの売:カレンダースプレッド

本日の行動
  4月140P-2枚(80円)で売指値
  4月130P 2枚(10円)で買指値

考慮すべき事項
・循環相場に入ったのか?:15000-17000円
  この場合は、4月185Cコール売りもあわせて考慮

・下降リスク
  ・イランの核問題:経済制裁等へ移行するのか
  ・鳥インフルエンザ
  ・FRB追加利上げの示唆:米の本格的な過剰流動性の終焉
  ・日本株の需給


テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 09:16:12 | Trackback(0) | Comments(0)
2月17日 前場の状況
先物:16060 16140 15900 15910 出来高42899枚

GDPの達成感からか、スタートより軟調のまま売込まれました。
12時半の魔の時間で売込まれるでしょうか?

4月140P -2枚×70円で出来。
4月130P 15円で2枚の買い指値をしています。




テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 11:12:49 | Trackback(0) | Comments(0)
GDP値等
GDP値
 4Q     予想 1.2% 実績 1.4%
 年換算    予想 4.9% 実績 5.5%
デフレーター 予想-1.5% 実績-1.6%

寄り付き前外資系証券経由での注文は、本日も売り越し見通し(12社経由・売り4110万株、買い3240万株、差し引き870万株売り越し)との観測の模様。これで売り越しは8日連続。

サン角持合で上方にブレークするか注目です。

4月140Pを70円で2枚売り指値します。


テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 08:55:12 | Trackback(0) | Comments(0)
2月17日の方針
朝の概況
CME 16020 16180 16015 16150(大証比+150)
NY DOW 11120.68(+61.71) NAS 2294.63(+18.20) 米債4.169%(-0.036) Oil 59.09(+0.63)

本日の留意点は、8時50分のGDP発表と日経ダウの3角持合の状況です。市場にエネルギーが貯まって来ています。
GDPの市場コンセンサスは年率換算4.9%と発射台がかなり高く、市場予想より低いと売込まれかねない状況です。寄りは注意する必要があります。

本日の方針も変更なしですが、GDP値見てから、売り価格を設定です。


テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 08:43:52 | Trackback(0) | Comments(0)
2月16日の状況
2月16日の状況
16日 225先物 15870 16140 15820 16000 (+70)97,265枚

ポジション:売りはマイナス表示です。
   3月限           > 4月限 
145P -78枚(100円)
140P                 -36枚(60円)
135P  50枚(10円)         - 2枚 (70円)
130P  26枚(18円)

基本戦略
 3月145P売⇔3月135P買:価格のスプレッド
 4月140P売⇔3月135P買:限月500円下のカレンダ-スプレッドのつもり
 3月135Pの利用→4月135Pの売:カレンダースプレッド

本日の行動
  4月140P-2枚(80円)

現在考えている明日の戦略
  状況に応じて、4月140Pの売り、若しくは4月135Pの売り。
  4月130Pのヘッジ買

考慮すべき事項
・循環相場に入ったのか?:15000-17000円
  この場合は、4月185Cコール売りもあわせて考慮

・下降リスク
  ・イランの核問題:経済制裁等へ移行するのか
  ・鳥インフルエンザ
  ・FRB追加利上げの示唆:米の本格的な過剰流動性の終焉
    



テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日現在のポジション | 08:29:22 | Trackback(0) | Comments(0)
16日前場の状況
大証先物 15870 16100 15820 16040
朝方、大量のバスケット売りが出るという噂でCME終値15925円に届かずスタート。その後切り返すが維持できず、9時20分頃には15820円。
9時半に外人御出勤は買い、10時ご出勤も買いで16100円まで。その後、後場よりの30分が怖くて利食い。前場16000円キープ。

4月140Pを80円で2枚売却(最高値85円)

現在は、4月140Pを100円で2枚の売り指値、4月130P10円で4枚買い指値中。



テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 11:11:54 | Trackback(0) | Comments(0)
2月16日の方針
朝の概況
CME 16315 16345 15940 16025(大証比+95)
NY DOW 11058.97(+30.58) NAS 2276.43(+14.26) 米債4.596%(-) Oil 57.65
バーナンキFRB議長の議会証言での追加利上げ示唆は、株式市場も債券市場も織り込まれていた模様。オイルの価格下落を好感し続伸。
CME上で16000円回復
日本株から欧州株、米株への資金回帰がしばらく続きそうな地合であると思います。海外株に一服感が出るまでは続伸は難しそうです。
BOX相場になるかどうかは判断に迷うところ。
尚、寄り付き前外資系証券経由での注文は、本日も売り越し見通し(12社経由・売り4530万株、買い3390万株、差し引き1140万株売り越し)との観測の模様。これで売り越しは7日連続。


本日の方針
ロングの相場観を維持。しかしながら、前場高く後場安い傾向が続いているので、相場についていかず、待ちで様子見。

4月140Pを80円で2枚の売指値
4月130Pを10円で4枚の買指値 で様子見。



テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 08:52:04 | Trackback(0) | Comments(0)
証拠金は利益より大事
証拠金は利益より大事だと思います。証拠金があれば又稼ぐ事が出来ますが、元手が無くなれば市場から退場するしかない。麻雀放浪記を思い出しますね。種銭が一番大事!

この為にはルールが必要です。

1.証拠金比率をチェックする事!
私はちょっと多いですが30%が限度です。出来れば10%台でトレードする事と思っています。売ったオプションに利益が乗れば証拠金比率は下がるので追加売りが出来ますので、限度管理は必要です。

2.損失を無限大にしない事!
売ったオプションの前月限か当月の行使価格500円下若しくは1000円下を必ず買う事です。最低同枚数。これで損失は無限大ではなくなりますので、スパン君が計算する必要証拠金は少なくなります。

3.事故が行った時には相場観が大事!
売ったオプションがアトザマネーに来た時に絶対放置はしません。
逃げる方法として、(1)次月に逃げる(2)ドテンする(3)安いオプションを大量に買うが私の方針です。

この時に、相場観が違っていた事を認め、冷静に判断する事がとってもというか一番大事です。火事が起こっている家の中でどちらに逃げようか腕組みして考えるのです。

・これは一時的なもの:プットだったら次月限の500円下(価格が一緒)への逃げます。3月限15000円プットを売っていたら4月限14500円プットに逃げる事です。
・本質的にに相場観が違っていた:ドテンするしかないです。例えばプットを売っていたら、プットを買って同値のコールを売る。
昨年の7月はコールを売っていたので、ドテンの連続でした。
ドテンじゃなくて次月の500円上に逃げていたらずーっとやられっぱなしでした。
・どうしようもなくなった時:証拠金を守る為に安いオプションを大量に買います。

負けを前提として取りに行かないとね。  

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

投資方針 | 17:07:16 | Trackback(0) | Comments(0)
売りっ放しの利益はラッキーなだけ
当たり前ですが、オプションは保険商品です。買い手にとって相場が予測と逆に入った時のヘッジ商品として発達していますので、売り手は保険屋の元請です。
私は基本的にコール若しくはプットの売りが基本戦略なので、保険の売り手ですから損失は無限大です。

自分が保険屋であると考えた場合、万が一の事故(売ったオプションがインザマネーに入る状態)にあった時の事を常に考えたポジションが必要です。
これを考慮した場合、一番危険な行為は安いオプションを大量に売る事です。一桁台(10円以下)のオプションは買う事はあっても売る事は絶対にしません。事故にあった時のリスクに比較してリターンが全く合わないからです。
9円で10枚の売却=9万円のリターンですが、仮にこの9円がインマネに入った場合、1枚250円相当になりますので、250円×10枚=250万円になり、もう何処にも逃げられず神頼みしかなくなります。

何度も9円が400円等々になった事を見ています。3日で1000円以上上下した場合、SQまでの時間にも寄りますが、まずこのような事態になります。オプションはアトザマネーに近づくに従い、デルタの上昇及びボラテリティの上昇で価格が加速度的に上昇します。この時には買い戻そうにも売り手がいなくなります。本当に怖い。

従って、そこそこのオプション価格のものを売り、ヘッジを買う事が絶対必要です。売りっ放しは手がつけられないです。
売りっ放しをするのであれば、コールとプットを売ってデルタ管理をすることが必要と思います。

何度もいいますが、売りっ放しの利益はラッキーなだけです。


テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

投資方針 | 16:45:27 | Trackback(0) | Comments(0)
2月15日のポジション
2月15日の状況
225先物 16320 16330 15910 15930 (-220)107416枚
前場高く、後場寄りから急落(恐怖の時間)後、下げを加速。
夜のFRB議長証言への警戒感ぐらいが要因、前場上昇出来なかった為の利食い?
日本株はNY株に比較して上がりにくく下がりにくいように思います。
NY株がフライパンとしたら日本株は土鍋のような感じ。
NYダウがゴールデンクロスを形成しているので、日本株売りのNY株買いでしょうか?NASはヘッドアンドショルダーっぽいですが。
経験則ですが、NY株に天井感が出た時に日本に資金流入が起こるような気がします。逆も同じでNY株が下がった時に外人が売っても日本人がそれを拾うので下がりにくい気がしています。その買いがとまった時に急落が起こる。
この頃の相場の上下を見てて思いますが、下落への恐怖感が希薄な感じがします。ポジショントークでしょうか?
以前、急落時には身体が芯から震えるような恐怖感がありましたが、今回はあまりありません。これは昔、ショート時にしていた時の急騰も同じで、動物的な勘が働くのかもしれません。今回はこの勘に働きかけてこないです。鈍っているのかどうかは解りませんが。

ポジション:売りはマイナス表示です。
   3月限           > 4月限 
145P -78枚(100円)
140P                 -34枚(60円)
135P  50枚(10円)         - 2枚 (70円)
130P  26枚(18円)

基本戦略
 3月145P売⇔3月135P買:価格のスプレッド
 4月140P売⇔3月135P買:限月500円下のカレンダ-スプレッドのつもり
 3月135Pの利用→4月135Pの売:カレンダースプレッド

本日の行動
 3月140P-20枚の利食:100万円(75円×20枚-ヘッジ26枚×18円)
  ヘッジは投げていませんが、この売りの為の費用なので償却です。

 4月140P-2枚(70円)
  3月140Pの利食いにより3月130Pのヘッジ分が浮いたので無理に買いませんでした。

現在考えている明日の戦略
  状況に応じて、4月140Pの売り、若しくは4月135Pの売り。
  4月130Pのヘッジ買

考慮すべき事項
・循環相場に入ったのか?:15000-17000円
  この場合は、4月185Cコール売りもあわせて考慮

・下降リスク
  ・イランの核問題:経済制裁等へ移行するのか
  ・鳥インフルエンザ
  ・FRB追加利上げの示唆:米の本格的な過剰流動性の終焉
    これが怖くて今日下げたかなあ?

明日も白山羊・黒山羊は楽しくダンシング!

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日現在のポジション | 15:52:40 | Trackback(0) | Comments(0)
最近の相場について
昨年の衆議院解散迄は10500円-12500円を挟んだボックス相場でした。ボラティリティは15%前後。オプションは買有利と言われながら、溶けて行くSQでした。
まあ、7800円からの上げが、日銀の円売介入資金→米国債買→米債上昇→リスクマネー上昇→米株式買→日本株買といった、FRBと福井総裁の命を懸けた資金循環創設=過剰流動性創出の結果だとしたら、FRBはこのゲームを降りたくてしょうがなくて、途中から円売り介入にストップをかけました。この結果、更なる余剰流動性が生じなくなってBOXにならざるを得なかったのでしょう。

アメリカが過剰流動性のゲーム(まるでパレードでした。債券高・株高・ドル高)を降りて利上げをする中、日本は日本では密かに土地の価格が上昇し始める中でも過剰流動性を食い止めるには経済が脆弱すぎて放置プレイされたままでした。

この放置プレイに外資系が入り込んできました。日銀は過剰流動性を止められないと踏んだ外資系は資産インフレにかけました。
一番敏感な株式は上がりましたねえ。12000円が今や16000円台。

過剰流動性の象徴的な議論として、日銀の30兆円枠の撤廃議論が盛んですが、これは過剰流動性を止めれるでしょうか?
デフレに苦しんだ日本のベースマネーは、バブル期を越えています。
今まで、銀行の信用創造が機能していなくてベースマネーの増大が資産インフレに結びつきませんでしたが、銀行の信用創造機能は回復しつつあります。この頃貸したがる銀行が増えたと思いませんか?

一旦、実物経済で回りだしたお金を止めには、日銀サイドは相当の覚悟が要るでしょう。しかしながら、過去の早すぎた利上げにより景気の腰折れの苦い経験がある日銀はFRBみたいに過剰流動性を止める手を出せるでしょうか?

これは逆の考え方も出来ます。
株式が上がっているのではなく、お金の価値が下がっている状態
ユーロは最高値更新中。ドルも100円を切りそうだったときよりは20%上昇。世界では円の価値が下がっている。日本の中ではお金の価値が下がっている。

僕はお金の価値は日銀が思い切った手(例えば、量的緩和解除と同時に金利も上げる等々)を行わない限り、お金の価値は下がり続けるのではないかと思っています。
資産インフレ=バブルの再来です。

なので、ポジションはロングです。

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

相場観 | 13:16:01 | Trackback(0) | Comments(0)
2月15日の方針
本日のNYは、1バレル60ドルを切る原油安での利上げ打止感、企業業績への好感(たまたまか?)で上昇。

より前の外人動向は売りでしたが、寄りの高値で3月140P売り残20枚を10円で決済しました。ヘッジ引いて100万前後の利益でした。
ちょっと売り余力が出ました。

基本的には10円で買い決済します。これを守らないで酷い目にあいました。10円=1万円は勿体無いですが、ここからのデケイ取りよりも、相場反転時の新規売りのほうが効率がいいです。

本日は、あんまり3月限の現金に頼っているわけには行かないので、4月130Pのヘッジ買を10円で4枚買指値中です。
後は、4月140Pを70円で2枚売指値。

テーマ:日経225オプション - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の投資方針 | 10:39:57 | Trackback(0) | Comments(0)
現在のポジション
今朝はCME15890円と先日の先物終値(2月13日終値15950円)と較べて60円安。グーグルから端を生じたNASDAQの下げが痛かったです。痛かったのですから、現在の山羊のポジションはロングです。 現在は4セットのポジションです。売りはマイナス表示です。 
   3月限           > 4月限 
145P -78枚(100円)
140P -20枚(75円)         -32枚
135P  50枚(10円)         - 2枚
130P  26枚(18円)

3月145P売⇔3月135P買:価格のスプレッド

3月140P売⇔3月130P買:価格のスプレッド

4月140P売⇔3月135P買:限月500円下のカレンダ-スプレッドのつもり

3月135Pの利用→4月135Pの売:カレンダースプレッド

2月限で大量に140Pを買持していたので、4月限まで爪が伸びてしまいました。2月SQで溶けたのでちょっと危険なポジションです。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

本日現在のポジション | 18:19:02 | Trackback(0) | Comments(0)
投資信条
私事山羊黒吉は、知恵と勇気とサムマネーでトレードしています。
先物ディトレードは過去に天上買いの底値売りを繰返し、ほとほと山羊には合わないと思いましたので、日経225オプション一本のトレードです。
投資手法はファンダメンタル主導で、果報は寝て待てスタイル(デケイ取り)です。
テクニカルは殆ど使っていません。


テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

投資方針 | 17:37:22 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

A href="http://n225.7heaven.jp/ranklink.cgi?id=kuroyagi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。