■プロフィール

山羊

Author:山羊
日経225オプション専門
NYテロの時も7600円の時もダンシング!
苦しいほど楽しくダンシング!

身体が萎縮したらやられちゃうからね

■最近の記事
■最近のコメント
■FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 宜しく御願いします。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今日の延長に明日は無い
相場をしている人と相場をしてない人では時間軸が違っているような気がします。
相場をしている人は今日と同じ環境が明日も続かない事を知っているでしょうけど、相場をしていない人は今日の延長に明日があると思い生活しています。環境変化のスピードが100倍ぐらい違うでしょうか。

月曜日には100万円の含み益だったのが水曜日には100万円の含み損になってる。こういう事は日常茶飯事なのが相場の世界。
会社勤めをしている人には考えられない環境変化です。

しかしながら、日常の生活でも環境の変化は必ず起こっていて、気づかないうちに環境の変化に飲み込まれてしまう事がよくありますよね。
スーパーにやられてしまった商店街等々。
この環境適応ですが、通常のビジネスでは5年、10年サイクルだと思います。日常の生活もそうです。
それに対して、相場の世界は一瞬一瞬で刻々と環境が変化していきます。今日と明日なんてまったく別の世界なので、判断を保留にしたり、期待を持ったりすると、買は一番低いところで損切り、売りは一番高いところで損切りといった結果を招きがちです。

損切り・損切りしない、利食う・利食わない、このしんどい意思決定を孤独に行っていく相場が、環境変化に対する意識を変えてくれました。
日常生活でも、保留にする怖さを教えてくれたような気がします。

算数の世界では、今を積分すると永遠に、永遠を微分すると今になるとの事、今この時の判断・生き方が永遠を呼ぶのだなあと自然に思えるようになりました。
永遠に生きる為には今を生きるしかないといった、禅宗チックな考え方です。

 泣いても笑っても9時には場が開き、3時10分には場が閉じる。

買持ちでCMEが暴落している時など、場が開かなければ良いのに・・・・とか、晴天で気持ちの良い朝なのに今から戦争に行かなきゃねえ・・・切り抜けなきゃなあ・・・とよく思いました。

足がすくんだり、怖くて判断を保留にしないように、村上春樹じゃないですが、ステップを踏み続ける=ダンスダンスが生き残る為には必要だろうと思っています。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

雑感 | 16:13:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

A href="http://n225.7heaven.jp/ranklink.cgi?id=kuroyagi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。