■プロフィール

山羊

Author:山羊
日経225オプション専門
NYテロの時も7600円の時もダンシング!
苦しいほど楽しくダンシング!

身体が萎縮したらやられちゃうからね

■最近の記事
■最近のコメント
■FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 宜しく御願いします。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
恐怖の代償=利益
最近、適応的無意識に関する本を読みました。

人は意識的行動と無意識的な行動をする2種類から成り立っているといった本でした。
例えば、森を歩いていて小枝が落ちていた時、反射的に蛇だと立ち止まる行動が無意識、よく見て小枝だと判断するのが意識の世界。

相場を行っていると本当にそれがよく分かります。

場を見ずに、意識的に様々な要素を考慮しながら考えた方針と、実際に場中に反射的に行う行動は全くといって違いますねえ。
だいたいは意識的な行動のほうが当たり。

まあ、利益を取りに行く為に方針を考えるのが意識の世界、恐怖に脅えてバタバタしてしまうのが無意識の世界でしょうか。

無意識は体を守る為に恐怖に敏感に反応するそうです。
過剰に反応する結果、底売りの天上買になりがちですねえ。

昔、自分の事を笑ってしまった時があります。
その時は、相場に過剰反応して結局何もしないほうが良かったという時が何度も続きました。
まるで、ドリフターズのコントのよう。
綺麗に片付いている部屋に加藤茶が主婦の格好をして登場し、「あ~忙し忙し~」と独り言を言いながら、布団からお茶碗から放り出し、醤油瓶を倒し、部屋をぐちゃぐちゃにして去っていくコント。

まさに恐怖による過剰反応は、せっかく考えて作ったポジションを一瞬にして修復不能の状態にしますねえ。
残るのは、上がっても下がっても利益の出ない状態、若しくは急騰急落しないとデケィで確実にやられていく状態。

昔、下げがあまりに怖くなってしまい、ショートを先物換算で数百枚も積み上げた事が有りますが、積み上げた時が底値でふうううっと上がっていくので今度はあわてて上がる恐怖でロングポジションにしたところ、騙しでそこから急落。私は何をやりたかったんだあ?という時も度々ありました。この行動で1年間の利益が吹っ飛びました。
これを自分では加藤茶シンドロームと呼んでいます。
常に加藤君は出て来てないか? 自問自答です。

知っているディーラーの方には、徹夜に近い形で次の日の方針を決めてディーリングし、場をまったく見ないで本を読んでいる方もいます。これも恐怖から逃れる方法の一つだなあと感心しました。

安心(オプションの買)にはデケィといった安心料を支払う必要があります。
そして、損失無限大(オプションの売り)には恐怖が常に付きまとう代わりに少々のディールの失敗はデケィが助けてくれます。

山羊はオプションの売ディーラーですうので、恐怖の代償=利益だと思っています。
何とか恐怖から逃れて冷静にディーリングしなければ長期的に相場を続ける事は不可能。

せいぜい1年ぐらいの短期的に勝つ事は可能ですが、2年続ける人は殆ど知りません。暴騰・暴落時に退場していきます。

相場は必ず負けます。負け方が大事だと思っています。致命的な負け方は退場になってしまいますね。

相場は続ける事がまず第一番。その為には小さく負けて、負けよりは少しづつ&時間が過かってもいいので勝つ事が大事。

何時も心に念じています。
恐怖で過剰反応行動しない。
自分の方針に固執しない=損切りは早めに。

長くなってしまいました。
読まれた方、お付き合い下さってありがとう。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

雑感 | 18:05:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

A href="http://n225.7heaven.jp/ranklink.cgi?id=kuroyagi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。