■プロフィール

山羊

Author:山羊
日経225オプション専門
NYテロの時も7600円の時もダンシング!
苦しいほど楽しくダンシング!

身体が萎縮したらやられちゃうからね

■最近の記事
■最近のコメント
■FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 宜しく御願いします。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
金利について(森野熊編)
投資対象は大きく分けて商品・株式・債券の3つです。
通常は、この3つでポートフォリオを組みますね。
景気が強ければ何と言っても原材料=商品の上げがダントツでしょうから商品を買う。
景気がソコソコ良いのなら株式。
景気が悪いのなら金利下落で上昇する債券。

いわゆる、投資の資産選択です。

この資産選択が機能している限り
債券売(金利上昇)の株式買(株価上昇)で金利上昇=株式上昇となります。
金利と株式は純相関の関係なので、金利上昇は株式にとって好材料!
今、この議論がささやかれつつありますねえ。
金利上昇は経済の強さの表れなので良い事なのだ。等々

しかしながら、この金利上昇が景気の好調度を超えて発生する時、
いわゆる過剰流動性が作り出したインフレーション、
若しくは過剰流動性から景気が減速してもインフレが発生するスタグフレーションになる場合は、中央銀行は金利を上げざるを得なくなります。これは減少した貨幣の価値を上昇させる行為ですね。

今回のオイル・円キャリートレード・中国の貿易黒字で発生している過剰流動性は米債が吸収しているので、インフレーションにならずに金利が安定し、株式を押し上げていきました。

今回の米債金利の急騰はインフレーション?若しくは資産選択?
景気が強い事を原因とした資産選択であれば、株価若しくは商品が上昇する必要がありますが株式、商品も下落しています。

インフレ懸念により、FRBのFFレート引上げ懸念で信用が一時的に収縮しました。債券売、株式売、商品売です。
いずれにしろ、金利上昇は貨幣の価値を上昇させますので、ゆっくりした時間でしょうが過剰流動性が減少していきます。

又、米債金利急騰は米国債売りですので、米国に資金が供給されない思惑が働きます。
まあ、今のところは金利急騰でドルが強くなっていますので金利上昇を市場はポジティブに捉えてますけど。

更に金利上昇は会社の業績に直接マイナス要因となって響きます。
現在の盛んなM&A=リスクテイクは金利高騰により採算を確保するのが難しくなりますねえ。

今は資産選択から語られている金利上昇。
米債金利の上昇原因は米国の景気が好調である為と語られています。

このモメンタムが変化していき、相場のテーマが変化していく様子は、恐怖もありますが興味が尽きないです。

資産選択だといいながら、ちょっと世界全体の株式は上がりにくくなって来ました。

このまま金利が上がり続けていくと、金利上昇は良いことコメントから、インフレ懸念コメントが次第に増えてきて、信用収縮=恐怖のコメントが出たころが、株式の底でしょうねえ。

下がってもいないのに底を考えてどうするのか?ですけど。

まあ、森野熊なので。許してください。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

雑感 | 16:14:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

A href="http://n225.7heaven.jp/ranklink.cgi?id=kuroyagi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。